雑誌の広告、ゴシップ新聞、繁華街にある広告やダイレクトメールで、「多重負債の整理整頓します」「多重借金を統合したいと思ったら」などの売り言葉を読むことがあります。マユライズ 解約

「整理屋」「買取業者」「紹介業者」と呼ばれる悪徳業者のだまし広告のケースもあるのです。落ちない毛穴汚れを簡単に落とす

このようなものを利用した際には自己破産申し立ての流れの中で一番大切な免責決定を得られないパターンがありえます。ボニック

「整頓人」の場合、ビラなどで多重債務者を寄せ集め、相当なサービス料を請求して負債整頓をやりますが、結局のところ債務整理は実行されずに、債務者はもっと負債地獄にはまる失敗がほとんどと予想されます。

「買取業」とは、債務者の分割払いで、家電、飛行機の券を山ほど買い入れさせてそういった品々を買った値段の10%や半分で買い上げるという方法を使っています。

借金者は一時的にはキャッシュが懐に入りますがいずれカード業者によって買ったものの支払い要求が届き、結局は借金を増大させる結果となります。

このケースだとクレジット会社へ犯罪行為ということになり免責判定を受けられません。

「紹介人」の場合はサラリーマン金融から貸してもらえなくなった借金者に、提供はしないでおいて、資金提供をしてくれる異なる店を呼び出し、料金を要求する悪徳業者です。

つなぎ屋は高度なつなぎで資金提供してもらえたというように会話しますが、本当は何もせず、種は簡単で選考の緩やかなルートを教えているだけというやり口です。

借金額を増大させることとなります。

  • Copyright © 2012 www.notbackingbooker.com All Rights Reserved.