クレジットカードを店頭において利用する時、もれなく体験したことがおありではないかと考えますが、担当者が理解していないことでどちらの紙をお客様に対して提示するべきかわかっていない時があるはずです。ハーブガーデンシャンプー

クレジットを処理すると、端末からは3枚1組の利用明細が吐き出されるためであり、それらのどの明細を利用者へ渡して良いのかわからないというものだ。

3組綴りの明細の内容)これまで述べた使用レシートの正体とはとは何なのかということの概要は、以下の通り。

1お客さんへ渡すレシート。

2店舗で保管する利用明細。

3カード会社控え利用明細(サインを行うレシート)。

本来は絶対利用者に対して渡す使用レシートを渡されるはずですが、たまに違う利用レシートの方を利用者の方へ間違えて渡してしまうというケースであったり、サインされたレシート自体を渡すというというようなパターンすらあるのです。

このパターンはバイトの人であるとか、クレジットカードが利用されることの少ない店頭の会計においてカードを使おうとすると、レジ担当者の心の乱れというものが体験できるようです(笑)。

今後店舗スタッフが上記のように使用明細を渡してきた際はどうぞ「これじゃありませんよ」などと言ってあげてください。

  • Copyright © 2012 www.notbackingbooker.com All Rights Reserved.