PCの画面の前に座り、止まることなく上下している相場をご覧になっていると、すぐにエントリーをしなくてはいけないという感情が沸き起こる状況も多いと思います。お金がない

だがしかし、あやふやな感覚で注文するのだけは断じてしてはいけません。ビフィーナ

ご存知の通り、マーケットは昼夜を問わず、常にどこかの為替市場が関いているし、為替相場も常に、変化しています。幹細胞コスメ

しかし、だからといって注文をするとその分損失を被る可能性が高くなります。最近のこと

当然の事ながら、売り買いの回数を経験することによって勝つ確率が半々に近づくのは事実です。愛され葉酸

けれどもこれは「なんだか分からない直感で注文」することとは話が違います。

売買回数を重ねるとは自ずから「ここは!」と思える機会を持った場合のエントリー回数を積み重ねるという事です。

格段の理由がなく、次々と取引を重ねるのとは大きく違う。

市場の駆け引きに負けないためには、自ずから主体的に緩急をつけることが必要です。

「ここはいける」と思った外国為替相場の時には、いっそ持っているポジションを多くして、意識して儲けを追求します。

「かなり頭をかかえる外国為替相場でどう動くのか読めないな」と思案した時は、いっそのこと売買ポジションをひとつ残らず見切りをつけて黙っています。

それくらいのメリハリをつける方が最後に売買は儲けられます。

外国為替市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

文字通り言葉どおりです。

FXとは休みなく売買ポジションを持つことが大切ではなく、何も所有せずじっと待っている事も場面によっては、取引です。

それならば、どういう場面で、休めばよいのだろうか。

第1に言われるのが前に述べたように、現在の為替相場が今ひとつ難しいときです。

ここから円高になるのか、それとも円安になるのかが決断できない時は、ヘタに動くと、自身の作り上げたシナリオとは異なった方向に外国為替相場が変化してしまい、損失を被ることになる。

だから、そういう時はポジションを閉じ、そのまま何もぜずに様子を見ているのが良い方法です。

第2に、自身の体の具合が悪いときです。

コンディションと市場に関係性はないと考える人もいますが影響します。

体調があまりよくなければ、外国為替市場の大少な局面で、必要不可欠な決断が出来ない場合が多くなります。

やる気がわかない時はマーケットから離れる事も大事なことだ。

  • Copyright © 2012 www.notbackingbooker.com All Rights Reserved.