パソコンの前で上下している相場を目を向けているとすぐに売買をせずにはいられなくなるという欲求に煽られる状況も少なくないだろう。だが、ぼんやりした思いつきで売買するのは、決してしてはいけません。確かに、相場は年中休みなくどこかの外国為替相場は変動しているし、レートもいつでも、動いています。とは言っても、考え無しに売り買いをしていると、その回数だけ損をする危険性が上がります。言うまでもなく、エントリーの数を積み重ねる事で勝ち負けの確率か50%、50%になるのは事実です。しかし「漠然とした勘で売買」することとは別問題です。注文回数を積むというのは「ここは勝てる」と考え付いた感覚を得られたケースでの注文回数を重ねるという意味である。ただ、絶え間なく注文を積み重ねるのとははっきりと異なります。相場の勝負に立ち向かうためには、己で意識して緩急をつけることが大事です。「ここだ!」と感じた外国為替相場の時には、いっそ持っているポジションを積み増して集中して利益を追求します。「ちょっと難しい為替相場でどうなるか考え付かないな」と思案した時は、潔く所有ポジションを全部諦めて何もせず静観します。これぐらいのけじめがあったほうが、結果的に注文は成功します。外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。文字通りその通りだと思います。取引とは、常時ポジションを所持する事が重要ではなくどれも保持せず待っている事も場合によっては取引です。それでは、どのタイミングで、休めばよいのだろうか。最初に言われるのが前述の通り、これから先の相場展開が分からない時です。上がるのか下がるのか決断できない時は、間違って判断すると、自分の考えたシナリオとは逆方向に相場が動いてしまい、損失を被る事になります。そういうケースではポジションを減らして、そのままの状態で静観しているのがいいと思います。ふたつめは、自身の体の具合が思わしくない時です。コンディションと為替相場に影響ないと感じる投資家もいると思いますが実際には意外と関係がある。体の状態がすぐれなければマーケットの大少な状況で、落ち着いた決断を下すことが出来ない場合が多くなります。気乗りがしない時は、トレードから離れる事も大事な事です。